車の「買取り」と「下取り」は違う

車の買取りと下取りは、車を手放す側も下取り買取りする側にも違いがあります。買取りは車を売却するために、手元にその車を売却したお金が入ります。買取りする側は、買取専門店や中古車取扱い店になるでしょう。この場合、買取られた車は中古車のオークションへ出品され、バイヤーたちに買われ、中古車店に並ぶことになります。一方、下取りは新車を購入する際の代金の一部として充てられるため、現金が手元に入ることはありません。書類の中だけでお金が移動するようなイメージです。下取りを行うのは、新車を販売するディーラーです。整備などを普段から依頼しているディーラーであれば、自社で整備している間違いのない中古車を手に入れることが出来るので、下取り側にも嬉しい制度です。下取りされた車は、古い車であればオークションに流れることもありますが、殆どがUカーとして、ディーラー直営の中古車販売店に並びます。ディーラーの知名度と信頼度で次のユーザーへ渡るのです。どちらも、中古車市場に出回ることになるので、中古車の入手方法の違いが大きな違いといえるのではないでしょうか。

車査定は一社だけではなく複数の業者に見積もり

車の買取査定を行う際は必ず一社に限定せず複数の業者に依頼してほしい。一社のみだと相手の都合のいい査定額で買い取られる上に適当な所で買取をしてもらうと損することもあります。買取業者が全て同じと思ったら大違いです。逆に多くの買取業者に見積もりを出せば高く売れる可能性があります。とはいえ自分の車を持ち込んでいたら時間がかかってしまうのでネットで査定を行いましょう。一社ごとに依頼を出しているとこれまた面倒なので無料の一括査定サイトを利用すると良いでしょう。簡単な入力をするだけで複数の買取査定額を知ることができますし、その中から高額で買い取ってくれる業者を自分で選択することができます。人気車であれば通常より高い値で買ってくれる場合もあります。デメリットとして車を査定するには当然実際の車を見ないといけませんので出張依頼のため見積もりを頼んだ数だけ電話がかかってきます。急いで車を売りたい人にとっては迅速な対応だなというとらえ方ができますが、軽い気持ちで査定してみようって方には少し迷惑な話かもしれませんね。これさえ問題なけれ利用して損はないと思うのでぜひ一度利用してみてください。